キャバ嬢スナイパー

2011年07月18日

売れない営業マンはキャバ嬢を見習おう



チョークスリーパー.jpg

たかがキャバ嬢といってバカにしている人がいまだにいますが、下手な営業マンなんかよりもキャバクラのキャストのほうが、ずっと営業能力高いんじゃないかと思うことがあります。




黒服A 「お客様より、ご延長いただきました〜!」
全員  「ありがとうございます!!!」
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


もちろん、そうじゃないキャストもいます。

しかし、店で人気ランクの常に上位をキープしているキャストは、必ずトークの技術や、記憶力、細やかな配慮など、たかだか20代前後の「小娘」でもしっかりしている子たちばかりです。

だいいち、彼女らはお客を選べません。

初対面の客でも、行けといわれたら、同席し、なんとか会話を盛り上げなければなりません。

訪問しなければいけないお得意さんのもとに尋ねることを先延ばしたり、部下に処理をまかせる営業マンに比べれば、彼女たちには選択権もないし、拒否権もない。
たとえ、気分が乗らなくても、イヤな感じが漂う客でも、とにかく誘導されたテーブルの客の隣に座り、挨拶の数秒後には話を切りださねばなりません。

このような体験を、毎晩何回も繰り返しているのです。

自然、トークが巧くなるのは当然のことですし、これが出来なければ、淘汰されてゆくのがオチです。

自分の気分や好みから離れ、初対面の、もしかしたら怖いかもしれないオトコの客の隣に座り、その場でもっとも相応しい会話を切りだし、会話を自然につなげてゆく。それも、気心のしれた相手ではなく、初訪問の新規客相手にもそれをこなさなければならない。

僕ら黒服の監視下の中で。

これは大変な緊張とプレッシャーだと思うのです。

しかし、このプレッシャーの中、なんとか会話の切り口を見つけ出し、うまくいけば「延長」につなげ、最終的には、自分を「指名」してくれる上客にまで育てあげるのは、もちろん、「運」や「相性」の要素も絡むのでしょうが、大変なことなのです。

営業マンは、注文をとれなくても空振りの一日があっても、上司から「何やってんだ」の叱責ぐらいはあるかもしれませんが、キャバクラのキャストの場合は、お客の機嫌を損ねたりしたら、これはもう周囲が見ているので、かなりな「恥」になってしまいます。

最悪、そのような事態にならぬよう、彼女たちは彼女たちなりに、そうとうな気配りをしているということを念頭に入れるといいでしょう。

「大変だね」
「ご苦労さん」

あえて、このようなねぎらいの言葉をかける必要はありませんが、それでも、彼女たちは精神的に大変なんだという気持ちをもてば、言動にもあらわれるものです。

それがキャスト達に伝われば、あなたのお客としての評価があがることは間違いありません。

黒服A「本日もラストまでありがとうございました!」
全員 「ありがとうございました〜!!」
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

posted by RYOU at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバ嬢の生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

たった1回の来店でキャバ嬢を落とせるのか?



monalisa.jpg


一晩で、
というより、
たった1回の来店で
キャバクラのキャストを落としていくお客さん、
いないわけではありません。


ただ、よっぽどのことがない限り
難しいんじゃないかな?
というのが長年の経験からは言えます。


もっとも、我々店員が気がつかないだけ、
ということも考えられます。


でも、だいたい、そういうことって分かるんですね、
不思議なことに。


女の子から醸し出る雰囲気というか、
我々黒服やフロア担当から観ても、
同じキャストから観ても、

「あ、あの娘、あの客に枕(営業)したのね」
っていうことが。


で、だいたい、そういうことが
周囲に悟られるって、
キャストにとっては、
恥ずかしいことというか、
後ろめたいことに感じるんですよ。


なんというか、
正規のルールで勝負していない
裏技を使っているという後ろめたさというか。


「そこまでして指名欲しいわけ!?」
という視線が、
仮に自分に向けられていないにしても、
勝手に向けられているんじゃないかという
被害妄想に陥っちゃうんですね。


だから、そういう(客と寝る)キャストほど、
早々に辞めて行く、
あるいは他店に移ったりするんです。


だから、やっぱり
キャストというのは、
ライバルである、
他のキャストの目線は
ものすごく気にするし、
弱みや負い目みたいなものを背負いたくないという意識は、
プロであればあるほど持っているんですよ。


だから、そういうキャスト相手に、
来店1回でセックスしようなんてことは、
まずムリだと思ったほうが良いでしょう。


自ら進んで、スペックの分からない男相手に、
リスキーな冒険はしたくありませんからね。


でも、ひとくちにキャバ嬢といっても、
それこそ色々なタイプの女の子がいるわけで、
特に、プロ意識が低い子は、
ねらい目といえば狙い目なのかもしれません。


だからといって、
たったの1回の来店で
お持ち帰り⇒セックス
までこぎつけるかどうかは疑問ですが。


ただ、うまく人選さえ間違えず、
きちんとした遊び方と安心感、
そして、トーク内容や、
ふるまい方次第では、
もしかしたら、
たった一回の来店でのお持ち帰りも可能なのかもしれません。


そう書くと、
「なるほど!新人の子が狙い目なのか!」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうとは限りません。


もちろん、借金を背負い、
短期決戦で大金を稼ぐわ!
というモチベーションの新人は、
場合によっては簡単に寝てくれることもあるかもしれません。


この人、お金持ってる
と思わせればの話ですが。


しかし、通常の新人キャストは、
まだ仕事を覚えることで精いっぱいです。


さらに、周囲の先輩キャストから
「あのコ、使えないネ」
と思われなくない気持ちで一杯なので、
客とセックスして指名を稼ごうなんて
フライング的な行動にまでは
普通出ないものです。


むしろ狙い目は、
キャバ歴が長いわりには、
店のナンバー1でも、
ナンバー3でも、
ナンバー5でもない、
キャストなのかもしれません。


仕事にもそこそこ慣れ、
マンネリとまではいかないまでも、
ナンバーワンになるわけでもないし、
だからといって、今さら昼の仕事をする気もなく、
毎日の生活や仕事に
倦怠感を感じはじめて来たタイミングこそ、
刺激を求めた冒険に走る傾向があります。


でも、たった一回の来店で、
このようなキャストを見抜くのって
至難の業じゃないですか。


やっぱり、何度か通い、
店の雰囲気やキャスト同士の
微妙なつながりを把握した上で、
はじめて、「寝てくれそうな女の子」をフォーカス出来ると思うんですよね。


ですので、あくまで現場の立場からの考えですが、
たった1回の来店で、
キャバ嬢を落とすことは、
よっぽど遊び慣れをして人を観る目を持った人とか、
滅茶苦茶お金の匂いが漂いまくる金持ちだったり、
有名人だったりしない限りは、
なかなか難しいのではないかと思うのですね。


ところが、たった一回の来店で
キャバ嬢を落とすノウハウを記したレポートが、
売られているんですね。


我々現場の人間にとっては盲点な
客目線からみた攻略法ってあるのかもしれません。


もし、実践してみて効果のあった方は
是非ともコッソリ教えてくださいね(笑)。





「冴えない男でも“たった1回”で狙った女とSEXまでいける5アクションデート術」なんだそうです。

ちょっと誇大な気がしないでもありませんが、
もし、実践してみて本当に効果があったら、
教えてくださーい。 ̄∇+ ̄)vキラーン



posted by RYOU at 23:19| Comment(1) | TrackBack(1) | キャバ嬢 エッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

普通にモテたい? キャバ嬢にモテたい?



ドM.jpg



このブログをお読みになっているぐらいですから、おそらく、あなたはキャバ嬢にモテたいと考えていますよね?

しかし、普通のモテと、キャバモテは、
少し違うとボクは考えます。



黒服A 「お客様より、ご延長いただきました〜!」
全員  「ありがとうございます!!!」
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン


男子たるもの、女性にモテたい願望は誰しも持っていると思います。
オトコ好きな男性は別ですが(笑)。

あなたは普通にモテたいですか?
それとも、キャバ嬢にモテたいですか?

キャバ嬢にモテるのと、
職場の女性、あるいは学校のサークルなどのグループ内の女性にモテるのとは、少しだけ違う。
ボクはそう考えています。

もちろん、相手は同じオンナなので、
大きな差はありません。

ボクはキャバ勤務の前は、
普通の会社で、普通のサラリーマン生活をしていました。
一応、一部上場企業ビルでした(笑)。

そこで知り合う「昼間に働く女性晴れ」と、
キャバ嬢のように「夜に働く女性三日月」の
両方を知っているボクから見ると、

彼女たちの価値観、考え方は、
微妙に違うんじゃないか、と感じるのです。

もちろん、相手は同じ「オンナ」ですから、
基本的な部分においての価値観は変わりません。

やっぱり、デブや汗っかき、強烈な体臭を放つオトコは、
OL、キャバ嬢問わず、嫌われやすいですふらふら


しかし、


昼、会社で働いて
給料日に給料が振り込まれる普通のOLと、

夜、キャバクラで働いて
帰りがけに日給を手取りで受けとるキャバ嬢とでは、

思考パターンや、
金銭感覚、男性観……

などが、微妙に違うことは言うまでもありません。

つまり、昼働く女と、夜働く女とでは、
微妙に価値観が違うということ。

つまり、あなたがキャバ嬢にモテたいのならば、
それ相応の傾向と対策が必要だと思うのです。

逆もいえます。
昼間の女性を彼女にしたいのなら、
キャバ嬢相手とはまた違う傾向と対策が必要なんですね。

これは、まさにそのためのブログなので(笑)、
その傾向と対策は、
少しずつアップしてゆくつもりです。

しかし、中には、
「もちろんキャバ嬢にモテたいけど、オレは単に彼女が欲しいだけだから、彼女はべつにキャバ嬢じゃなくてもいいんだよね」という方もいらっしゃると思います。

そういう方も、このブログを読んで、
キャバ嬢の性質や攻略法を知れば、
普通の女の子にもモテるようになれると思います手(チョキ)

なにせ、キャバ嬢のほうが、付き合っていくには面倒臭い人種が多いので(経験上)、うまくキャバ嬢と付き合えるようになれれば、普通の女の子との付き合いは楽勝なことが多いのです。

もちろん、普通のOLや女子大生にもモテる方法も、
並行して、このブログで公開してゆくつもりです。

どうぞ、お楽しみに!

でも、待ちきれない!あせあせ(飛び散る汗)

という方のために、
先行して、
オススメの教材を紹介しておきますね(^_-)-☆


なにがなんでもキャバ嬢を落としたい!
という方には、「キャバ嬢スナイパー


ごく普通にモテる男になりたい
という方には、「元キャバ嬢が書いた「モテ」男に変身!“楽勝”知恵袋」がオススメです。

もちろん、ボクは両方チェック済みです。

「こういうテキスト読んでんだけど、本当にそうなわけ?」と、
ご親切に見せてくれるお客さんもいらっしゃるんですよ(笑)。

ほかにもたくさん、
「キャバ嬢を落とすためのナントカ」という教材は見せてもらいました。
しかし、「現場」を知る者から言わせてもらうと、

「うーん、わかってないな!」
という内容のものや、

「分かったようなこと書いてるけど、
こりゃ現場を知らない客が妄想で書いているな!」

というような内容のものも多々ありましたもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、上に挙げた2つの教材は、
比較的良心的というか、

「ま、たしかに、そのとおりなんじゃないですか?」

といえる内容なことは確かですね。

キャバ嬢スナイパー」は、キャバ嬢を落とすための方法が、かなり詳しく微に入り細に入り書きこまれていて、読み応え十分な内容でした。

マメな人、行動力ある人に向いていると思います。

元キャバ嬢が書いた「モテ」男に変身!“楽勝”知恵袋」は、キャバ嬢を落とには、正直向いている内容ではないかもしれません。
著者は元キャバ嬢ですが、タイトルにもキャバ嬢を落とすとは書かれていませんしね(笑)。

しかし、まっとうな社会生活を送っている女性相手には、
十分通用する普遍的な内容が散りばめられているので、
「モテが目的」な方には、
こちらのほうが向いているかもしれません。

今後は、少しずつ、キャバ嬢対策とモテ対策のことを書いてゆく予定ですので、少しずつ読み進んでいただけると幸いです。


「キャバ嬢スナイパー」→こちらで買えます
「元キャバ嬢が書いた「モテ」男に変身!“楽勝”知恵袋」→こちらで買えます


黒服A「本日もラストまでありがとうございました!」
全員 「ありがうとございました〜!!」
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン


posted by RYOU at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | モテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする