キャバ嬢スナイパー

2009年06月17日

嫌われる客2 威張る客



偉そう.jpg


黒服A 「いらっしゃいませ!」
黒服B 「お客様からクリックいただきました!」
全員  「ありがとうございます!!!」
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




人間誰しも、セルフイメージを高く持っています。


会社ではウダツがあがらなくても、
家庭では居丈高な態度をとって
心のバランスを取っている人も少なくありません。


特にオトコは、自分を大きく見せたい。
相手にエラく思ってもらいたいという願望が
心のどこかにあるので、
それは、仕方のないことだとは思います。


中には、奥さんや子供に対してではなく、
キャバクラという場所で自分を大きく見せようとするお客もいます。


しかも、オトコは、女の子の前では
カッコをつけたがる生き物です。


キャスト(キャバ嬢)に自慢話をする程度なら
まだいいのですが、
中にはボーイに対して
居丈高な態度をとって、
自分の沽券を女の子の前で示そうとするお客がたまにいます。


キャストの態度が悪いぞ、
ボーイの接客態度がなっとらん、
料金を安くしろ、


などなど、イチャモンの内容は人それぞれですが、
とにかく、エラそうな態度で難癖をつけて、
「俺様が一番」というオーラを発するタイプのお客。


もちろん、こちらも接客商売なので、
低姿勢で接客することは言うまでもありませんが、
こちらの「低姿勢ぶり」を
自分の「偉さ」「大きさ」と勘違いしてしまうおバカさんも多いですね。


言っておきますが、そういうお客は、
ボーイからもキャストからも
心の中では、「バーカ!」と舌を出されているということを忘れずに!


キャストだってバカではありませんから、
ボーイに偉そうな態度をとったからって、
その客が偉いなどとは露ほどにも思わないことでしょう。

むしろ、自分の狭量さを周囲にプレゼンテーションしているようなもの。

「この客、小さい」

と思われるのがオチでしょうね。

自分を大きく見せようとして、
かえって小さく見られてしまうという
マイナス効果も考えたほうがいいでしょうね。


特にボーイに一度悪い印象を与えたお客は、
今後、あまり良い接客はしてもらえない。

このことは肝に銘じておいたほうが良いかもしれません。

もちろん、表だってではありませんが。

あまりいい子をつけてもらえなくなったり、
指名して隣に座った女の子も、
「失礼します、ちょっとお借りします」
とすぐに他のテーブルにラウンド(回す)されたりと。


ボーイは、敵に回さないほうが身のため、
です。




黒服A「本日もラストまでありがとうございました!」
全員 「ありがとうございました〜!!」
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン


posted by RYOU at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌われるお客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする