キャバ嬢スナイパー

2013年11月27日

キャバクラ嬢 女子大生


最近は、学費を稼ぐという理由で
女子大生が面接に来ることが多くなってきているような気がします。



酔っちゃった.jpg



もちろん、昔から、十数人に一人のペースで来るには来ていたのですが、
父親の不況、リストラなどのあおりからか(アベノミクスはどこいった?)
結構、有名な私立大学や国立大学に通う女子大生も増えてきているのが
ここのところ感じる傾向ですね。


一番多いのは、文学部。
で、なぜか英文学科が多い。


とはいっても、彼女たち、そんなに英米文学が好きなわけでもなく、
積極的に原書を読んでいるというわけでもない。


なので、英米文学に詳しい人がいたら、
話が盛り上がる可能性大ですよ。


あと、心理学科の子ね。
心理専攻の子は、なんというか寂しがりが多いような気がします(個人的には)。


寂しがりやで、
人の心の中をのぞきたくて、
あるいは、
人の心をうまく操りたくて……

という安易な理由で心理学部(心理学科)に進学した感じの子がなぜか多いような気がします。


心理学やってるからって、お客の心の内がわかるとは限りません。
むしろ、キャバ暦長いお姉さんたちのほうが、お客の心理わかってます。絶対に。


posted by RYOU at 11:31| キャバクラ嬢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。