キャバ嬢スナイパー

2011年07月18日

売れない営業マンはキャバ嬢を見習おう



チョークスリーパー.jpg

たかがキャバ嬢といってバカにしている人がいまだにいますが、下手な営業マンなんかよりもキャバクラのキャストのほうが、ずっと営業能力高いんじゃないかと思うことがあります。




黒服A 「お客様より、ご延長いただきました〜!」
全員  「ありがとうございます!!!」
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


もちろん、そうじゃないキャストもいます。

しかし、店で人気ランクの常に上位をキープしているキャストは、必ずトークの技術や、記憶力、細やかな配慮など、たかだか20代前後の「小娘」でもしっかりしている子たちばかりです。

だいいち、彼女らはお客を選べません。

初対面の客でも、行けといわれたら、同席し、なんとか会話を盛り上げなければなりません。

訪問しなければいけないお得意さんのもとに尋ねることを先延ばしたり、部下に処理をまかせる営業マンに比べれば、彼女たちには選択権もないし、拒否権もない。
たとえ、気分が乗らなくても、イヤな感じが漂う客でも、とにかく誘導されたテーブルの客の隣に座り、挨拶の数秒後には話を切りださねばなりません。

このような体験を、毎晩何回も繰り返しているのです。

自然、トークが巧くなるのは当然のことですし、これが出来なければ、淘汰されてゆくのがオチです。

自分の気分や好みから離れ、初対面の、もしかしたら怖いかもしれないオトコの客の隣に座り、その場でもっとも相応しい会話を切りだし、会話を自然につなげてゆく。それも、気心のしれた相手ではなく、初訪問の新規客相手にもそれをこなさなければならない。

僕ら黒服の監視下の中で。

これは大変な緊張とプレッシャーだと思うのです。

しかし、このプレッシャーの中、なんとか会話の切り口を見つけ出し、うまくいけば「延長」につなげ、最終的には、自分を「指名」してくれる上客にまで育てあげるのは、もちろん、「運」や「相性」の要素も絡むのでしょうが、大変なことなのです。

営業マンは、注文をとれなくても空振りの一日があっても、上司から「何やってんだ」の叱責ぐらいはあるかもしれませんが、キャバクラのキャストの場合は、お客の機嫌を損ねたりしたら、これはもう周囲が見ているので、かなりな「恥」になってしまいます。

最悪、そのような事態にならぬよう、彼女たちは彼女たちなりに、そうとうな気配りをしているということを念頭に入れるといいでしょう。

「大変だね」
「ご苦労さん」

あえて、このようなねぎらいの言葉をかける必要はありませんが、それでも、彼女たちは精神的に大変なんだという気持ちをもてば、言動にもあらわれるものです。

それがキャスト達に伝われば、あなたのお客としての評価があがることは間違いありません。

黒服A「本日もラストまでありがとうございました!」
全員 「ありがとうございました〜!!」
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

posted by RYOU at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバ嬢の生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215353406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。