キャバ嬢スナイパー

2009年06月12日

哀れ!指名キャバ嬢からの誕生プレゼントは、計2千円也




もう数年前のことになりますが。


店にはレイ(仮名)という、常にベスト3に入るキャストがいました。



その子目当てで通うお客様の中に1人、タカナカ氏(仮名)という方がいらっしゃいまいた。



30代前半で、職業は塾の先生らしいのですが、あまり詳しいことは、こちらからは当然聞きません。
塾講らしいというのは、レイからちらりと聞いたから知っているというぐらいのことで。


タカナカ氏は、普段はおとなしいのでうが、アルコールがはいると、陽気に騒ぎだすタイプ。
とはいえ、店のムードをブチ壊すほどのハメは外しません。


店にいらしたときに使うお金は、だいたい2万か3万の間の額。



週に1〜2回ぐらいの頻度でコンスタントに来てくれるので、ボクたちは、タカナカさんのことは「太客」とまではいかないものの、結構丁重に接客していました。



店にいらっしゃる動機は当然、レイ。
午後11時ぐらいにやってきて、彼女を指名して、陽気な気分になって帰ってゆくパターンが多いのですが、店の常連になって2〜3カ月もすると、レイとの同伴も多くなりました。



レイには、バッグやアクセサリー類もプレゼントしたいたようです。

そして、タカナカ氏の誕生日の日。
レイとタカナカ氏は同伴出勤してきました。



この日はタカナカ氏の誕生日なので、出勤前の店での食事は、レイの奢りだったそうです。
どの店で何を食べたのかというと、マクドナルドでフィレオフィッシュとシェイク(笑)。



そして、誕生プレゼントが店内のテーブル上で渡されました。
嬉しそうな顔で包みを空けるタカナカ氏。


包みの中には、シーチキンが5缶はいっていました(笑)。


レイはボーイに「取り皿と割り箸もってきて。これ食べさせていいよね?」と聞いています。


取り皿と割り箸を運んできたボーイ。
レイは、ツナ缶を小皿に出し、「どうぞ、酒のつまみに、たまには乾きものじゃないものもイイでしょ?」なんて言いながら出しています(笑)。

ひきつった笑顔のタカナカ氏は、それでも笑顔をとりつくろって、ツナ缶のパクパク食べています。
その表情は、確実に「オレは猫かよ」と言っています(笑)。

それでもレイのご機嫌を損ねたくないタカナカ氏は、レイに「今日はありがとう」と言って帰っていきました。

タカナカ氏が帰った後のレイの一言。
「あ〜あ、とんだ出費だったわ。タカちゃん(タカナカ氏)に今日は2000円も使っちゃったよ!」

マクドナルドとシーチキンのプレゼントで、合計2000円也。
その日のタカナカ氏の出費は、同伴料込みで、2万8000円でした!


悩み.jpg


客からは、いろいろなものを貰いたいけど、
客には、出来るだけ何も与えたくない。


これぞ、キャバ嬢のマインドです。

レイの行動は、とても分かりやすい一例ですね。


posted by RYOU at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | キャバ嬢の本音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。